妊娠線予防ってどんなのがあるの?

妊娠線は妊婦さんのお腹周りだけではなく、様々な場所にできてしまいます。
背中、太もも、おっぱいなど発現箇所も様々です。

 

妊娠時の肌トラブルというのは、イメージではお腹だけだという方が多いのですが、肌コンディションが変化しやすい場所ならどこにでも起こり得ることで、さらにそのトラブルは、一度出てしまったらなかなか元に戻すことは難しいとまで言われています。そうならないためにも、妊娠線予防はしっかり行ったほうがいいとされています。

 

一度できてしまったら消すのに苦労する妊娠線は、出産が終わった後でできてしまったから、しょうがないというわけにもいきません。
友人との旅行、子供との海水浴やプールなどで水着を着る機会もあるでしょう。

 

そういったときにきれいなお肌でいたいものです。

 

では、どういった妊娠線予防の方法があるのでしょうか。
一般的に、妊娠線予防のためのスキンケアは、オイル、ローション、クリームと大きく分けてこの3種類の
対策があるようです。

 

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

  オイル ローション クリーム

肌の水分

肌の油分

 

このように妊娠線予防にはオイルやローションよりもクリームのほうが肌に対しての水分や油分に関して効果があるのです。
効果のある妊娠線クリームがほかの商品に比べて、販売数が全然違うのはこういった理由なんです。

 

中にはボディクリームで妊娠線ケアを済ませたという方もおられるのですが、実はそれだけだと十分ではなく、たまたまできなかったなどという場合も考えられるんだそうです。
妊娠線は、一人目の出産よりは二人目のほうができる可能性はあがるし、双子の妊娠だとお腹の皮膚もその分伸びるのでさらに可能性は上がってしまいます。

 

 

また、これ以外に、妊娠線予防のストレッチマークのケアには、服にベタベタするのがいやだとか、
妊娠時特有のにおいがいやだとか、そういった個人的なものもあるので、トータルして自分の肌にあった
妊娠線予防をしなくてはなりません。

 

しっかりと対策をしていても、ほんの少しの期間だけ怠ったせいで、妊娠線ができたという方すらおられます。

 

お肌への浸透性や安全性、価格などちゃんといい妊娠線予防商品を選んでいきましょうね。

 

どういった目線で妊娠線予防クリームを選べばいいのかはこちらをご覧ください♪

 

妊娠線予防クリームの選び方