妊娠線のかゆみ対策ってどうするの?

妊娠線を消す,妊娠線を消すクリーム,妊娠線クリーム

妊娠線の原因の大部分でもある皮膚の乾燥。それがもともと乾燥肌の方だったりする場合は、妊娠線ができる過程でかゆみを伴う場合があります。

一言でかゆみといっても最初は気にもならない程度なのですが、それが妊娠線ができるサインである場合もあるんです!

 

また、かゆくてたまらないとか、意外にかゆみって悩みになりやすいもの。妊娠している時期ですと、そう言ったことさえもストレスになっておなかの赤ちゃんにもいい影響はないです。

 

私もそうでしたが、妊娠線があるママ友達など、妊娠線のかゆみはほとんどの方が経験されています。かゆみだけでも結構悩んだと・・・。
本来かゆみは、かけばかくほど、更なるかゆみを伴います。なので、「かゆみ対策は忍耐です!!」・・・いや確かにそうかもしれませんが、それができたら誰も悩んだりしませんよね?

 

かゆみに負けて妊娠線どころか、産後にかゆみによって引っかき傷が残って大変な思いをしたんじゃあ、悲しいなんてものではありません。
実際に聞いてみると、産婦人科のお医者さんにそう言った相談は結構多いようです。

自分でできるかゆみ対策

ここではお医者さんに相談してくださいなんてことではなく、自分でできるような、また普段から気をつけたらかゆみ対策になるようなものってなんだろうかをクローズアップしてみたいと思います。
当たり前のことだと知ってはいても、もう一度自分の日常でできているのかも含めて確認してみてください。

体は清潔に

汗やよごれ、また洗い残したボディーソープやシャンプーなどがかゆみの原因になっている場合があります。
特に妊娠時期で、妊娠線の対策もと考えている方は、いつも以上に石鹸やボディーソープやシャンプーをよく泡だてて使いましょう。
体の妊娠線ができやすいような場所は、顔用の洗顔ネットを使うくらいがいいでしょう。
そして、洗い残しがないようにしっかりとシャワーなどで洗い流してください。

 

中には体を洗う際に強くこすって洗わないと気が済まないような方もおられますが、そのおかげで乾燥が進んで皮膚の潤いまでも失うことにもつながりかねません。

 

温度差に気をつける

お風呂などでも熱いお湯が好きだと言った方もおられますが、熱いお湯で長湯をしてしまわないようにしましょう。お風呂から上がった時に外気温との温度差でかゆみが発生する場合があります。
また、中にはかゆくなったら冷たい水で冷やすなど、かゆい部分を冷やすという対策をされる方もおられるようです。確かに冷やすことで一時的にかゆみはおとなしくなります。
しかし、あくまで一時しのぎでしかなく、やはりその後温度差を生んでしまって結局自分でかゆみを作り出してしまう可能性があるんです。
部屋の暖房や冷房、こういったものも外気温との温度差を生んでしまいます。温度差があるような場所に動かなければならない場合は、
中間の温度差のところで少し体を慣れさせるなど、工夫次第でかゆみの対策はできるので見直してみてください。

 

妊娠線も皮膚で起こることです。お肌はそういった清潔さや温度差をつくらないといったことなど共通するポイントがあるのでうまく対処していきましょうね。