妊娠線、肉割れ、セルライトといわれたらどれがどう?

妊娠線は妊娠がきっかけでおこったもので、肉割れは通常の日常の中でできてしまったもの、そしてセルライトはそれらとは全く違うものです。
外見だけ見ると同じようなものなんだと、管理人である私自身も数年前まで想っていたくらいです。w
では妊娠線と肉割れ、セルライトとはどういったものを言うのでしょうか。分類してみて見ましょう。

 

妊娠線、肉割れ、セルライト?

肉割れ

肉割れは、ふとももやお尻などの皮膚に筋のようにできるものです。中でも妊娠してできる肉割れを、妊娠線やストレッチマークといい、妊娠時期はお腹にできやすいのも特徴です。もちろん個人差はあり、妊娠線ができにくいとか、一度できた妊娠線が全然消えないと言ったような体質も関係はしてきます。

セルライト

セルライトとは、足や太ももにできやすく脂肪細胞が凸凹になったものです。繊維状のものに包まれてカプセルのようになった脂肪細胞が何個もくっつきあって大きく育ったものを言います。また、いつもは目には見えなくても、少しお肉を絞り出すようにひねるとセルライトがお肌の表面に浮き出る場合も多く、これらは妊娠線とか、肉割れとは少し違ってきます。
セルライトは女性ホルモンや男性ホルモンの量やむくみや冷え性などがおもな原因と言われていますね。一般には女性のほうができやすいとされていますが、それは男性ホルモンより女性ホルモンが多い女性は、皮膚が薄く柔らかい状態を保とうとするので、できやすいといわれてもいます。
妊娠、出産、産後と、この時期は女性ホルモンの変化がとても大きい時期なので妊娠線や肉割れが起きやすい状況なんですね。
しっかりと妊娠線を予防するように努めていきたいところですね。

 

妊娠線のケアには様々な方法があるのですが、ボディークリームで済ませた方、ケアオイルを購入した、クリームで対策したなど
先輩ママさんもたくさんの経験談を寄せていただいております。

 

自分に適した妊娠線のケアを見つけ出し、あとあとちゃんとすればよかったなどの後悔をしないようにしたいものです。
妊娠線を消すにも知らないと損をすることがあった!ではそんなところも一緒に考えていきたいと思います♪