妊娠しても妊娠線ができる方とできない方ってケア方法の違いだけ?

妊娠線は体重の急激な増加が主な原因だといわれていますが、
それでも妊娠してもまったく妊娠線のできない方もおられます。
妊娠している最中のケアに違いは出るんでしょうが、はたしてそれだけが原因なのでしょうか。

妊婦イメージ

 

体質で妊娠線ができやすい方

  • 体重の増加が大きい妊婦さん
  • もともと冷え性体質を持っている妊婦さん
  • 痩せている方
  • アトピー体質の方
  • 多胎妊娠の人
  • 皮膚の柔軟性が少なくなってきた方や乾燥肌体質
このような妊婦さんに妊娠線はできやすいといわれています。

また、男性や未成年の方でも男女問わず筋肉が落ちている方などもこれらにはいってくるようです。
筋肉や体質、体型、生活習慣など様々な要因で妊娠線はできやすいひとと、できにくい人が分かれてくるんです。
中でも最近増えてきたアトピー体質の方は子供のころから使ってきたステロイド剤の影響で
皮膚が伸びにくい状態になっているのも注目すべきポイントです。

 

またどの項目も皮膚が伸びること自体の抵抗があるとか、
急に体型が変わりやすい方がめだっていますよね。
この点を考慮してしっかり妊娠線ケアを対策していきましょう。
妊娠線を消すにも、妊娠中からのお手入れがとても重要になっていきます。
皮膚の保湿と筋肉の回復と両方がそろったほうが治りやすいので、出産後の皮膚が柔らかいうちにしっかりとケアしていきましょうね。
妊娠線ができて消すことができないとがっかりしないようにしましょう。

 

もちろん妊娠線は予防が一番のポイントであることは間違いがないので、しっかりと予防からケアをしていくことが
結果としてコストもかからない方法でもあります。

 

妊娠線ができやすい人でも予防は十分に可能

ここでは、妊娠線ができやすい人の特徴をいくつかご紹介しました。
それに該当してしまうと、私は妊娠線ができてしまうのかな。と心配になってしまうと思います。
ですが安心してください。押さえるべきポイントをしっかりと押さえた上で、適切なアプローチやケアをしていくことで、妊娠線ができやすい人でも妊娠線ができないように予防することが可能です。

 

妊娠線発生の確率を限りなく低くするためにできる、具体的な予防方法を簡単にご紹介していきます。

 

普段の食事でお肌に良い栄養を意識する

妊娠中ですから、赤ちゃんに必要な栄養を補給することが最優先ですが、それにプラスしてお肌に良い食事も心がけていくことが大切です。
健康的なお肌を作るためには、そもそも新しいお肌の原材料になるタンパク質と、コラーゲンの生成をサポートしてくれるビタミンC、皮膚の健康維持に欠かせないβカロテンなどを摂取していく必要があります。

 

タンパク質については大豆食品や肉類などにたくさん含まれており、ビタミンCやΒカロテンは緑黄色野菜にたくさん含まれています。
また果物にビタミンCが含まれていることも多く、果物には妊娠中に摂取したいビタミンやミネラルなども豊富に含まれますので、おやつやデザートなどに摂取することをお勧めします。

 

体重増加は緩やかに

妊娠線はそもそも、急激にお腹の皮膚が伸びてそれに耐えられなくなることで亀裂が生じ、妊娠線として線が発生します。

 

先ほど、急激にお腹の皮膚が。とお伝えしましたが、これが緩やかにだんだんと0になると、お肌の負担が緩くなり、妊娠線の確率を下げることができるんです。
これは言ってみれば、急激な体重増加にならないように少しずつ体重を増やしていくことが大切、と言う意味でもあります。

 

妊娠中は、そもそも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの重大な症状が発生しないように、適切な体重コントロールが必要となりますね。
これを徹底することも妊娠線予防につながっていたんです。

 

妊娠線のできやすい時期

妊娠線のケアはしなければいけないと思いつつも、妊娠初期など妊娠が発覚した際は
それどころではなく、いったいいつから妊娠線ケアをしたらいいのかわからなくなります。

 

妊娠線というのは一般的には妊娠後期、妊娠6か月あたりから現れるといわれています。
しかし、一般論なので妊娠線ができる時期というのは個人差があり、遅い方や早い方も
おられるんですね。

 

先ほども説明したように妊娠線ができやすい方は早い方では妊娠初期から妊娠線ができてしまったという方も
おられるくらいなんです。

 

妊娠するとホルモンバランスの変化が通常の変化と異なるので、お肌のターンオーバーの周期も変化してくるし、
コラーゲンの生成する量も変わってくるので、亀裂の入った肌の修復にも影響を与えてしまいます。

 

一般的には妊娠線の予防は早くから始めましょうといわれるのですが、実際はいつから始めたらいいのでしょうか。

 

妊娠線のケアとしては、妊娠線ができやすい時期が妊娠中期といわれていることから
それまでには始めておきたいものです。

 

妊娠線のケアとして一番メジャーなのが妊娠線予防クリームなのですが、妊娠線予防クリームを塗ったらすぐに
妊娠線ができにくい肌に変わるというわけではありません。

 

妊娠線予防クリームを使い続けることで、妊娠線ができにくいお肌へ少しずつかえていくイメージなので
なるべく早くからケアしたほうがいいという理由になっているんですね。