出産後に骨盤がゆるくなって気になる骨盤矯正

産後の骨盤矯正

すでに出産を経験した先輩ママに話を聞くと出てくる言葉のひとつに骨盤という気になるものがあります。

自分ではそんなに気にしていなくても、妊娠することによって体重は増えてくるし、ストレスも抱えやすくなってなんだか、自分じゃあないような気分にすらなりやすくなってしまいますよね。
まだ生まれていないとはいえ、赤ちゃんの体重は知らず知らずのうちにママの負担になっています。肩だけではなく腰にも負担はいくし、骨盤が支える重さも増えていきます。
また、出産というのは女性にとってはとても大変なイベントです。お腹に赤ちゃんを宿している時期も長く、出産するということで大変な体力も消耗するんです。そういった要因や、産後で体を大切にするがゆえに、更に体力の消耗や回復も遅くなっていきます。
なので、この期間に骨盤矯正を受けることは、ずれた骨盤を矯正すると同時に、体に負荷を最小限にする為でもあるんです。妊娠前に当たり前だったから、このくらい何でもないよと感じてしまいがちですが、骨盤がずれていると負担になってしまうんですね。気をつけたいものです。
産後の骨盤矯正というものには大きく分けて2つの種類が存在します。

 

骨盤を矯正して姿勢を正す産後の骨盤矯正

これは妊娠中にお腹がせり出して、骨盤が前にいってしまい、反り腰になってしまっている状態を元の正しい姿勢(緩やかなS字カーブを描く姿勢)に戻すものです。
骨盤自体というよりも姿勢にアプローチする感じですね。

出産によって開いた骨盤を閉じる産後の骨盤矯正

これは、出産によって開いた骨盤を閉じることによって、四角くなっていた骨盤を逆三角形の形に戻すことによって体型を戻していくものです。
骨盤自体にアプローチするものです。骨盤は赤ちゃんが育った部屋によってどんどん開いていったので、閉じることでお尻が一気に小さくなる感じがします(ちょっと個人的感想が入っていますがw)。

 

このように大きくでは無いものの、違いは存在するんですね。目的の違いといってしまえばそうなのですが、産後のママさんの体はこういったようにケアしてやることが大事になるのです。
中にはこうした骨盤矯正を独学で行う方もおられますが、間違ったやり方で行ったり、過剰な骨盤矯正を行うことは逆効果になりやすくもあるので気をつけたいところです。

 

次のページでは、同じ骨盤へのアプローチである、骨盤体操に関する危険を特集しているので参考にしてみてください。
産後の骨盤体操の危険性