妊娠線の種類からケアの種類

妊娠線やストレッチマークのケア用品にはいろいろな種類のものがあります。
ジェル用品、オイル用品、クリーム用品どれもいいように見えますが、
どれが効果的なのか。またどれが自分には合っているのかをしっかりと
見極めて産後に妊娠線をきれいにけせるようにしておきたいものですよね♪

 

妊娠線の種類

一概に妊娠線といっても詳しく分類すると種類が存在するようです。
少し詳しく見てみましょう。これらは個人差があり、妊娠線自体がでないかたもおられるので、
妊娠線が出る方で、更にその分類と言う角度で見てください。

新妊娠線

妊娠中にできる線で、毛細血管の赤みや青みを帯びた色や紡錐形が特徴。

旧妊娠線

妊娠時にできた「新」の妊娠線が、出産を終えて瘢痕(はんこん)化したもので、
色は「新」よりも落ち着いてやや光沢のある銀白色になり、線というよりはシワに近い感じです。

正中線

お腹のまん中にできる1本線に近いもので、色素沈着が原因と言われていますが、
基本的に産後は消えるようです。表面はなにもなくても色でわかる程度の線ですね。

 

妊娠線のケア

オイルマッサージが一番に挙げられます。妊娠線解消の為のマッサージ用オイルは比較的安く、
大体3000円前後で市販されています。

 

できる前から、シッカリとケアしてやってできないように、
またはできてもすぐ消えるようにしておきたいものです。
また、美容外科ではダーマローラー療法という、肉割れや全般的なお肌の
トラブルを解消してくれるものがあるそうです。
お肌に適度な刺激を与え自然治癒力の効果を期待する治療法で、
痛くなくてお肌に優しいとの評判です。しかし、課題もあります。

 

私的にはおすすめはマッサージがいいとは思いますが、
できたらだんなさんにマッサージをしてもらうのがいいと思います。

 

その理由はせっかく同じマッサージするならば、そのマッサージの時間を
大事に使ってより愛情を育てたり、日常の会話の糸口をより増やすという口実になるためです♪

 

このように妊娠線と一言でいったとしても、種類もたくさんあることがわかります。
妊娠線の種類を知ることで正しいケアをしていきたいところですね。

 

妊娠線を消すようと思ったならば主な方法としてクリームとオイルこの二つのタイプがあります 両方とも妊娠線予防のスキンケアとしての力と通常の肌の保湿そして妊娠線を予防するというポイントを踏まえてどの商品がいいのか決める必要があります。
ではクリームとオイルどう違うのかというポイントを踏まえてみていきたいと思います。クリームのタイプは肌に塗ると伸びが良くさらっとしたつけ心地のものが多くある特徴を持っています。また商品も多いので容量も選べ値段も比較的お手頃というものも多いのが特徴となっています。
オイルのタイプはそれ自体に水分を含まれているという特徴特徴ではなくそこにある保湿力を守るという面ではとても注目されている商品になります またおいるタイプの多くのものがアロマオイルなど を配合されておりリラックス効果もあるので妊娠中のストレスの軽減などにも役に立つと言われています。
ただし日本製のものよりも海外製のものが多いので輸出出陣の関係上 コストが高くなってしまうという傾向もありますまたテキスチャーしてベタつきがあるなどといった声も口コミなどから得られます。
こういったクリームとオイルのメリットそしてデメリットを見ながら自分にぴったり合う妊娠線ケアを考えていきましょう。

 

 

関連ページ

 

妊娠線の種類