妊娠線の前兆ってどんなの?

妊娠線 前兆

だれもが作りたくないと考えているけれど、できてしまった方も結構多い妊娠線。

いつから妊娠線対策を始めたほうがいいのか、妊娠線のできる前兆みたいなものは何かないのかというお問い合わせが私のところにも来ていた為、
このページでは、妊娠線の前兆について特集したいと思います。

 

妊娠線ができるメカニズムを簡単におさらい

妊娠して、お腹の中の赤ちゃんが大きくなるとともに、妊婦さんのお腹も徐々に大きくなってきます。
お腹が大きくなるとともに、皮膚が伸びてきて、亀裂ができはじめて、それが赤紫色のラインのようにできてくるのが妊娠線です。

 

では、その妊娠線の前兆として考えられるものはというと、

妊娠線の前兆

妊娠線の原因は、その亀裂が生まれやすい状況になる皮膚の乾燥と、硬くなった皮膚が伸びについていけないことだと言われています。
大体の方が、妊娠3カ月ごろからクリームやオイルで対策をされるのですが、それは乾燥と皮膚を柔らかくするという部分がポイントになります。
それらを踏まえて、妊娠線ができる前兆として考えられるのは、
皮膚の乾燥からくるかゆみ
なんですね。

 

これは例えば、気温の差や、空気の乾燥も手伝ったりすると加速してかゆくなったりするので、
妊娠線の対策は、保湿と皮膚を柔らかくするクリームやオイルが重要となります。
通常のボディークリームでは保湿効果はあっても、皮膚を柔らかくするという部分まではカバーしてくれません。
しっかりと妊娠線予防していきましょうね。

 

妊娠線予防クリーム以外の対策

妊娠線の前兆が表れてきたお肌には妊娠線予防クリームがいいとのことでしたが、
それ以外には対策できないのでしょうか。

 

意外と盲点なのですが、実は肌に触れる衣服を見直すことが重要になることを見逃していませんか?
衣服や下着というのは普段私たちが常に身にまとい、肌は一日に何回もふれあっている状態にあります。
その衣服の素材を変えたり、実は妊娠線の予防にも繋がってくるんです。