妊娠線予防運動ってなんだ?

妊娠線を防ぐための運動、妊娠線を消す為の運動・・・これは確かになかなか思い浮かばないと思いますが、妊娠線の構造上、できにくくするためにする運動と位置づけをすると何個か運動は妊娠線予防になるだろうというものもあります。
しかし、この運動をやれば必ず妊娠線ができないといったようなものではなく、妊娠線ができにくくなるためとお考えください。
妊娠線を予防するために運動が必要なのは、一気に体重が増えて皮膚が急激に伸びてしまうことを避ける為のものです。
ですから、妊婦さんに推奨されている安産のための運動なら、その全てが妊娠線予防の対策につながると考えてください。
現在では妊娠中の妊婦さんの為の雑誌も数多く創刊されているので、それらに載っているようなエクササイズなどもそういった運動の一種なので
あなたができる範囲で、続けられるくらいのものをチョイスしたらいいと思いますよ。
ここで、ではすべての運動がそれに当たるのかといいますと、注意が必要なものもあります。

  • 妊娠中であるために、妊婦さんに過度に負荷のかかるものであってはいけない。
  • お腹の赤ちゃんに負担を虐げるようなものであってもいけない。

これらが大前提の運動でなければなりません。

 

まず、守ってもらいたいのが、運動する時期は妊娠5か月以降となる安定期に入ってからにしてください。
内容ですが、脂肪を燃焼させることに適し、さらにゆったりと行える、水中ウォークやウォーキングといった有酸素運動が代表的です。
また、スポーツジムなどでは妊婦さんのために作られたメニューもあり、マタニティエアロビクスやマタニティヨガ、ピラティスなどもあります。
妊娠時期はデリケートになりますから、我流で運動をするよりもこういったプロの力を借りると安心できますね。自己流でやってけがをしては意味がないので、安全という意味ではプロというのはとても大きな助けになりますよ。

 

なお、妊娠中の適度な運度は、体重増加や妊娠線予防になるだけではなく、妊婦特有の悩み「肩こり」や「腰痛」にも適し、同時に快眠にもつながると言われています。適度の疲れは、体を自然と質のいい睡眠へといざなってくれます。
妊娠中は運動不足やストレスもたまりやすいので、睡眠の質をあげてストレスを可能な限り低くしておくことも大事なことになります。
運動と睡眠と気分転換の自分だけの時間を持つことが、大事な赤ちゃんを出産するママの体の為にもいいので、出産に向けていい準備をしていきましょうね。