妊娠線の予防のためにも運動を

妊娠線ができてからではなく、前もって運動すると妊娠線のできにくい体になるって話ききませんか?
妊娠線の原因のひとつである妊娠線ができやすい体の特徴を運動で解消しましょうってことですね♪
他のページでも書いていますが、妊娠線の大部分の原因は急激な体重の増加などによって皮膚が伸びて、形状記憶のようにその時の皮膚の伸びを記憶していて、伸びが収まっても伸びしろがあったために妊娠線になってしまうというポイント。これを防ぐために急激に体重を増加させない、また、運動することによって皮膚の伸縮性をだしてやることが目的になります。

 

では運動と言ってもどの程度でどんな種類でどのくらいの時間をさけば妊娠線の対策になっていくのでしょうか?

 

そこの部分に迫っていきたいと思うのですが、まずそう言った前に運動する時期は妊娠5か月以降となる安定期に入ってからという部分に気をつけていただきたいですね!
安定期に入ってからでないと、運動も危険になってお腹の赤ちゃんに影響が出てはいけません。
内容ですが、脂肪を燃焼させることに適し、さらにゆったりと行える、水中ウォークやウォーキングといった有酸素運動がやはり優れていることでしょう。
妊娠時期はストレスもたまっているでしょうし、ゆっくりと歩くことで周りの景観を眺めて感性を鍛えることも胎児に有効です。

 

なお、妊娠中の適度な運度は、体重増加や妊娠線予防になるだけではなく、妊婦特有の悩み「肩こり」や「腰痛」にも適し、同時に快眠にもつながると言われています。
しかも、運動は良い気分転換にもなるので、妊娠線対策にと考えるだけでなく気分をリフレッシュの時間という意味でもおすすめですよ。
そうすることによってストレスも軽減されます。
妊娠中は様々なことをうまくコントロールしていくことが成功に近づくことでもあるので参考にしてみてください。