妊娠線予防クリームの特徴

妊婦さんの肌トラブルの大きな悩みの一つ、妊娠線。
そのケア商品である妊娠線予防クリーム。

 

各メーカーから様々な商品が開発されています。日本製はもちろん、海外の人気商品まであり、どれがいいのかわからなくなるくらいですよね。
私も母親の妊娠線のあとを目にして、妊娠線ケアをしていなかった母親からアドバイスをもらって、しっかりケアをしようと決めたのですが、
やっぱりどの商品がいいのか、どんな成分がいいのか、近所で買えるような妊娠線対策商品でもいいのかさえ分からず、困っていました。

 

同じような経験をしている方のために、このサイトを立ち上げたのですが、詳しく調べるととても難しいものです。
だからこそ、わかりやすく説明することを意識しています。

 

様々なメーカーから発売されている妊娠線予防クリームは、
市販のものがいいのか、いつから使ったらいいのか、おすすめの商品はどれなのかということが
とても興味があり、誰もが作りたくない妊娠線の予防をしっかりと行いたいと考えているんです。

 

さて、このページではそんな妊娠線予防クリームについての特徴をわかりやすく説明していきますね。
通常のボディーケアのクリームと対比したほうがわかりやすいと思うので表にしてみました。

 

  通常のボディークリームや保湿クリーム 妊娠線専用クリーム

安全性

成分に添加物など使用の可能性 無添加、無香料などの妊娠中の妊婦さんも安心して使える設計

肌への浸透性

肌の表面(表皮)のみ 表面だけではなく真皮まで浸透

おおよその価格

1,000円〜2,000円程度 約3,000〜7,000円

その他選ぶポイント

好きな香り、肌がきれいに見えるなど

肌へのべとつき、妊娠中の過敏な肌へも使えるかどうかなど

 

中には妊娠線対策にボディークリームを使っていたという方もおられますが、こうしてみるとまるっきり別物ですよね。

 

妊娠線自体は、一度できてしまったらなかなか消すことはできず、一生の肌の悩みにもなりかねません。
妊娠中の妊婦さん特有の悩みのにおいに対して敏感にもなることからも、
少し高くても硬化がしっかりと期待できて、無添加で、無香料の安心して使える妊娠線専用クリームがおすすめなんですね。

 

また、最近では妊娠線とは別に正中線用のケアアイテムも登場していて、
そのくらい妊娠中から産後にかけて、きれいなお肌を重要視しているママさんが多くなってきた
証拠でもあると思っています。

 

芸能人やモデルさんでも、出産経験があるのにまるで出産経験のないかのごとく
見える方も増えています。
ケア方法も様々な方法があるのですが、やはり同じようにきれいなお肌でいたいという想いは一緒だと思います。

 

妊娠線はなぜできるのか

妊娠線のケアはお肌の外側からの保湿と、皮膚の柔軟化、そして体重管理という
妊婦さん側のコントロール、お肌への食生活などの栄養などいろいろな面でケアしてあげる必要があります。

 

ではもう一度なぜ妊娠線ができるのかを再確認していきましょう。

 

妊娠線というのは、妊娠6か月あたりから早い方には現れるもので、
下腹部が一番できるといわれているのですが、おっぱいや腕、太もも、お尻など
様々な場所に現れて、妊娠線や肉割れといわれているのですが、
専門用語では「妊娠線状委宿」という名称で呼ばれていたりします。

 

この妊娠線は、おなかや太ももなど妊娠によって栄養をたくさんとらなければならないため、
フットっていくのにつれて、その箇所の皮膚が伸びて亀裂を生じるため、
できた亀裂を修復するためコラーゲンやセラミドなどを使って修復し、
その修復が間に合わなくなったものが線上に現れるものを一般的に言います。

 

妊娠していなくても、ダイエットや急激に太った際にもできるので、妊娠線ではなく
肉割れといわれる場合もあります。

 

対策として一番有効だとか、一般的なケアとしては妊娠線用のオイルやクリームで
保湿することがいいとされています。

 

 

妊娠線ケア商品は国内製造品、海外品、様々なメーカーが開発販売されているので
どれがいいのか、自分の肌質や相性にあったものを選ぶといいとされています。