妊娠線予防クリームとボディークリームの違い

妊娠線を作りたくないと思い、妊娠線ケアをされる方はとても多いのですが、中には妊娠線クリームとボディークリームの違いを
把握せずに使っている方もおられるんです。

 

妊娠中の妊婦さんの雑誌や、口コミサイトでもボディークリームを塗って妊娠線ケアをしていたという方もおられます。
そういった口コミをみると価格も安いボディークリームでケアすればいいかと思ってしまう方もおられるんじゃあないでしょうか。
しかし、その結果として妊娠線ができてしまったら意味がありません。

 

そこでみなさんは、妊娠線予防クリームとボディークリームの違いってなんだとおもいますか?

 

中には妊娠線予防ケアにボディークリームを使っておられる方もおられるんですね。
この両者の違いを把握せずに妊娠線予防に使うと、後々妊娠線ができた時に損をすることになります。

 

出来てしまった後に後悔してもなかなか妊娠線は消すことが簡単ではありません。

 

妊娠線クリームとボディークリームの違いとは簡潔に言うと
両社とも皮膚にうるおいをという目的で作られています。

 

この部分までは一緒なんですね。

 

違いは、妊娠線対策で作られているクリームには、うるおいと皮膚を柔らかくするという役割を持っているんです。
妊娠線ができるメカニズムを簡単に思い出してください。

 

お腹で赤ちゃんが成長すると、お腹や太ももなど妊娠線のできやすい部分の皮膚が急激に伸びて
皮膚がその伸縮についていけなくなるために妊娠線として現れるのです。

 

そこで妊娠線対策として考えないといけないのは、

食事面で急激な体重の増加に気を付けることと、

皮膚のうるおいと柔らかさを保つことです。

 

ヤフー知恵袋などでも妊娠線の対策にボディークリームでしのいだという方も結構おられるのですが、
そういった方は食事面での急激な体重増加を気を付けて、皮膚のほうは本来柔らかい特徴を持っておられたのではないでしょうか。

 

妊娠すると皮膚の乾燥など妊婦さんの取り巻く環境も、ホルモンや生活習慣の影響で変わってきます。

 

やはりしっかりと妊娠線ケアを考えるならば妊娠線ケア用のクリームやオイルなどがいいと思いますよ♪

 

では妊娠線予防クリームとボディクリームの違いをまとめていきましょう。

 

妊娠線予防クリームと市販のボディークリームの違いのまとめ

先ほども説明したように妊娠線専用に開発されているという目的の部分もあるのですが、
それぞれの効果にクローズアップしてみていきましょう。

 

妊娠線予防クリーム

  • 皮膚の柔軟化効果
  • 継続する保湿力
  • 妊娠中の妊婦さんが嫌がるにおいにしていない

これらをみると、様々なメーカーから発売されている妊娠線予防クリームは、ちゃんと専用で作られているということがわかると思います。

 

市販のボディークリーム

  • 保湿力
  • 素敵な香りのものが多い

市販のボディクリームはこのふたつの部分が特化された商品がメインになっていきます。

 

市販のクリームで妊娠線ができなかったという方は、たまたまそういったラッキーだったというわけなんですね。

おすすめの妊娠線予防クリーム3選

ここでは、定番中の定番の人気妊娠線クリームをご紹介していきます。

 

ベルタマザークリーム

こちらは、お試しが6,980円、定期コースだと初回500円でそれ以降は4,980円で購入することができます。

 

こちらは、8種類の無添加で、オーガニック成分が5種類も配合されています。
中身のクオリティーが高いのに、比較的値段が高すぎないのも魅力の1つです。

 

実績のある妊娠線クリームなので、これなら間違いない。と言うものを選びたい方には特にオススメです。
ベルタマザークリーム

 

フォーファム

こちらは、単品購入が2,900円で、大体3ヶ月程度使うことができますので、1日あたりは32円の計算です。
とてもリーズナブルなところも人気の理由です。
妊娠線クリームは継続して使うものですので、低価格で大容量なのは非常に嬉しいですよね。
フォーファム・ボディミルク&ローション

 

AFCストレッチマーククリーム

こちらは単品購入で2,800円です。大体1本あたり1ヶ月くらい使うことができます。
3本まとめて購入すると7,500円でちょっとお得に買うことができます。
この妊娠線クリームは、使用感が良く、品質も高いことから、お客様の満足度が98%にものぼる大人気妊娠線クリームです。

 

国内の認定工場で作られていると言うこともあり、アイテムのクオリティーはかなり期待できそうです。
女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム