表皮性シワと妊娠線の関係は

表皮性シワ。おもに小じわといわれる物ですが「ちりめんジワ」とも呼ばれるしわで、乾燥で皮膚表面のしなやかさが失われてできる浅いシワです。

 

皮膚の薄い目元や口元によくあらわれる天敵のようなものです。この表皮性シワは、乾燥によって一時的にできるシワですので、保湿を頑張ってケアしていけば解決できるものなので頑張っていきましょう。すぐに治るといったものの年齢と共に老化してしまうことは、仕方ないところです。
ただ、このちりめんじわは、長期間そのままにしておくと皮膚がくせを覚えてしまい、そこにしわがあった!と認識してしまい、後でケアしようにもなかなかとるのが大変になるケースもあります。
早めの対策と、早期発見が大事になっていきます。普段鏡を見ていても注意深く見ていないと気がつかなかったりもしますので気をつけてください。
そんな時に必要なのはシアバターなどの保湿に効果的なアイテムです。口元や目じりちりめんジワ対策にはシアバターがこうかてきなんだとか?すこしまえにもかなりはやりましたよね。これは皮膚に近い成分が多く。とてもいいそうです。
特に妊娠中のママさんが気になるのが妊娠線だと思いますが、シアバターは妊娠線予防のクリームにも使用されたりするので、妊娠中は表皮性シワと妊娠線と両方を予防することができるそうですね。
こうした外側からのケアと同時に運動などによって体の中からのメンテナンスを同時に行うことによって皮膚がしなやかになるので妊娠線ができにくい体質になるそうですよ。
妊娠中の妊婦さんは大きな運動などはしにくいでしょうから、普段の生活の中でできるちょっとした運動などを取り入れてみてはいかがでしょうか。
例えば掃除中にかかとをあげるだけでもふくらはぎの筋肉は動きます。
散歩中に少し大股で歩くようにするなど、できるところからやっていけば運動によってストレスも解消されますし、いいことづくしですよ♪
妊娠線を何とかしようと躍起になるより楽しんでやったほうが長続きしますしね♪

 

妊娠しておなかの皮が伸びて、気が付くとしわが・・・。
妊娠線のケアをしていなかったらこういった状態になってしまって、後になって後悔する方も多くおられるんです。

 

そういったしわも表皮性のしわであるといえるんですね。

 

脂肪などは運動や食事制限で少なくすることはできるのですが、
表皮性しわはなかなかなくすことはできないんです。

 

では、そういったお腹周りについてしまった表皮性しわはなくすことはできないのでしょうか。

 

 

お腹の表皮性しわの対処法

妊娠線のケアにも同じことが言えるのですが、
対処方法は美容皮膚科でレーザー治療・・・そんな高額なケアは受けることはできないと思います。
そのためにセルフケアの方法としてどういったものがあるのか見ていきましょう。

 

重要なポイントは保湿と血行を良くすること、そしてお肌のために必要になる栄養をしっかりと摂取することです!

 

妊娠すると女性はホルモンのバランスが崩れるために、お肌も乾燥しやすい環境になります。
肌が乾燥するとターンオーバーも乱れ肌の再生力も低下します。

 

まずは保湿を心掛けなくてはならないのですが、一般的な市販の保湿クリームなどは一時的な保湿しかできないために
長時間保湿をキープするようなアイテムを使うことが大事になります。

 

そして保湿だけではなくマッサージや適度な運動をすることによって体中の血行を改善することも重要になります。