セルライト除去に効果的な食材の栄養

セルライト除去に効果のある食材の栄養

足や太ももにつきやすいセルライト。女性はできやすいと言われていますが、妊娠中は妊娠線ができるように足や太ももにセルライトを作ってしまったという方も多いんです。

妊娠中の妊婦さんは、お腹の中に赤ちゃんもいるし、出産に向かって体が栄養を欲している状態なので、セルライトができる条件としては間違っていないのかもしれません。

 

しかし、女性にとってはセルライトはできてしまったじゃあ許されないものですよね。
このページでは、そんなセルライトを除去するために、食材の栄養面から対策を考えていきたいと思います。
セルライトは、専門家の中にも、妊娠線に近いものがあるといわれていることからも、セルライト対策ができてしまった妊娠線にも効果があったなどの
口コミもあります。そのあたりも含めてみていきましょう。

 

セルライトはダメージを受けた脂肪組織とも言われています。このダメージを受けている脂肪組織にしっかりアプローチしてきれいな足を再び取り戻すことは
ぜひ女性ならやっていきたいものです。

 

セルライトの除去に有効なのは成長ホルモンと血流を改善することがポイントになるんです!

 

成長ホルモンは組織の成長と代謝をコントロールする役割があり、この役割がセルライトの組織を修復していき、セルライトを分解しやすい状態まで持って行ってくれるんです。
そのあと、血流を改善して分解したセルライトを新陳代謝を上げて除去していけばいいんです!

 

 

では、どうやるのか。特に食事などの食材の栄養面でのアプローチを考えていきましょう。

 

まず必要になるのは、赤身の牛肉や魚などから良質のたんぱく質が大事になります。こうした良質のたんぱく質は成長ホルモンの分泌を助けてくれます。
また、赤身の牛肉には必須アミノ酸も豊富なのでそれらもセルライト対策に効果があるそうです。

 

また、アーモンドなどのナッツ類の抗酸化力と、ミネラル、ビタミンも大事です。それらに赤ワインに含まれているポリフェノールを摂取したらさらに血流改善もできるので
セルライト対策として効果が期待できるんです。

 

食材の栄養面ではすぐには効果が出ませんが、そのぶんしっかりと時間をかけてセルライトを除去していくことはとても重要になります。
無理に毎食これらを取り入れなくてもいいので、気が付いたときなど積極的に栄養を考えていきましょう。

 

セルライトの原因としてはどういったものがあるのでしょうか。

 

セルライトの原因

  • 脂肪細胞がつながりあってできたもの
  • 老廃物がたまった結果
  • リンパ液が固まったもの

セルライトの正体を知ると、なぜこのようなものができるのかが詳しく見えてきます。

 

男性よりも女性の方が脂肪は貯めやすい傾向がある上に、妊娠するとその傾向はさらにわかりやすく表れていきます。

 

間違ったセルライトケア

妊娠線のケアは保湿と肌の柔軟化がカギになりました。
ではセルライトケアはどのような対策が有効なのか、と考えていくと様々な方法でセルライトを消しましょうなどの
情報が出てきます。
その中には私たちが正しいと思っていたケアでも、実はセルライト対策として間違っているものもあるのを
ご存知でしょうか。

 

  • セルライトつぶし
  • セルライトのある場所を温める

みなさまのなかにはこの2つのセルライト対策が間違っていると聞くとびっくりする方もおられるのではないでしょうか?
特にセルライトができたらごりごりとつぶさなければならないという意識はありませんでしたか?

 

確かに有効ではあるのですが、セルライトつぶしが効果があるのはセルライトができた
初期の段階なんです!!
サロンなどでセルライトつぶしのテレビ放映を見たという方も多いと思いますが、
プロの施術はそのセルライトの段階を把握してから行うんです!