妊娠中のお肌の変化

妊娠とお肌の関係

妊娠すると、運動のしにくい体になって体力が低下したり、ホルモンバランスの崩れによって様々な変化が妊婦さんの体に起こっていきます。

中には妊娠してから綺麗になったという女性もいますが、その変化についていけずに悩んでしまう方もおられます。
ホルモンというのはなかなかコントロールすることは難しく、体質の変化をわかっていても防げなかったりもします。

 

妊娠中の体質の変化のひとつに肌が乾燥したり、かゆみが現れることもあげられます。
汗をかきやすくなったり、肌質が変わって今まで使っていたスキンケアが急に合わなくなったとか、体に乾燥による湿疹ができてしまうのも珍しいことではありません。
また、シミやくすみなどもホルモンの影響で現れやすくなります。これは妊娠により増加した女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンが紫外線などによってメラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞を刺激していくのが原因だと考えられています。
ずっとうちにいるのにという方も、部屋の中にも紫外線は入ってきます。気が付かないうちにできていくものなんです。
また、紫外線が原因ではないシミなども起きていきます。

 

妊娠によるホルモン変化の影響によってメラノサイト活性が起こり、その結果、メラニン色素沈着が体に起こる場合もあるんですね。これはいくら紫外線を気を付けていたとしてもどうしようもないものでもあるんです。たとえば脇の下や外陰部、ちくびなどが黒ずむ妊婦さんも多いようです。

 

また一般に「正中線」と呼ばれる、おへそを中心にお腹の真ん中を上下に伸びる一本の黒い線も、この色素沈着によるものです。
そういった肌の変化の延長には妊娠線やちくびの黒ずみなど妊娠中特有の悩みもあるんです。

 

妊娠線対策に必要な肌の保湿

妊娠線対策をする上ではずせないのがお肌の保湿です。
なぜならば、お肌にしっかりと潤いがない状態だと、まるでかさかさに乾燥した輪ゴムのようにすぐにちぎれてしまうからです。
輪ゴムであればちぎれてしまっても別のものを使えば良いですが、妊娠線の場合はお肌に亀裂が入ってしまうと、それを元の状態に戻すのは不可能だと言われています。
たとえ高額な治療行ってもあんまり目立たない程度にしか治らないそうです。
なので、できてから対策をすると言うよりは、妊娠線の場合はできる前に100%の準備をしておくことが重要なんです。
そこでお肌の保湿についてですが、こちらのサイトには、妊娠線対策としてよく使われているオイルやクリームなどが紹介されています。
どれもしっかりしたメーカーのきちんとしたアイテムなので、基本的にはどれを選んでも間違いはありません。
ただ、中には市販で安いもので済ませたいと思われている方もいらっしゃると思います。
もちろんそれはそれでアリです。
値段が高いクリームやオイルなどに比べると、保湿力が下回ってしまうのは仕方がないので、その分妊娠線のリスクが高まるのは考慮しておきたいポイントですが、市販で販売されている保湿クリームで妊娠線を免れた方も少なくありません。
なので、何を使うかは大切なのですが、何はともあれ、とにかくお肌を保湿することにフォーカスしていきましょう。

 

なお、保湿のポイントは、水分補給と似ていて、1日に1回入念にやると言うよりは、こまめにコツコツやっていくほうが効果は高いと言われています。
なので、そのように保湿ケアを継続されると良いかと思います。

 

太り気味の方は体重コントロールを徹底する

検診たれている方であれば、妊娠中の太り過ぎは良くないことを十分にご存知だと思います。
何が良くないのかと言うと、ご自身の健康に関する事もそうですが、胎児の生命に関わる事態に発展しかねないものですので、かなり重要です。

 

それに加えて、急激な体重増加と言うのは、妊娠線発生のリスクも高めてしまいます。
シンプルに考えて太ってしまうと言う事は、その分体の面積が大きくなりその時に皮膚が伸びますよね。
妊娠中期から後期にかけて、妊婦さんのお腹は赤ちゃんの成長ともに大きく膨張していきます。
それに加えて太り過ぎによる皮膚の膨張が行われてしまうと、+ αで皮膚に負担がかかってしまいます。
そうなると、さらに妊娠線ができやすくなってしまうので、これは大変危険です。
もちろん、妊娠中にガリガリに痩せなければいけないわけではありませんが、
せめて適正体重まで体重を減らす努力をしたり、急激に体重が増えないように食べ過ぎに注意したり、
普段口にするもの注意して選んだりすることも大切です。

 

なお、妊娠中にしっかりと体重コントロールをすれば、安産効果も期待できますし、
産後ダイエットのスタートもかなりやりやすいポジションからの始まりになります。
良いことがたくさんありますので、妊娠線対策がてら体重コントロールを本気で見直すのも1つの手です。