妊娠線予防クリームの内容量を比べよう

妊娠線予防のケアはお腹だけでは不充分という方もおられます。

 

というのは、妊娠線はお腹だけにできるものとは限らないためです。

 

お腹以外にも妊娠線ができやすい部位は

 

  • お尻・太もも
  • 脚・内股
  • 脇腹・背中

 

といった部分にも出来やすく、それぞれの部位に『たっぷり塗るのが大切』なため、内容量を比較する事はコスパだけではなく大切な要素なんですね。

 

妊娠線ケアは、妊娠線予防クリームがおすすめなのですが、妊娠線ができる時期というのは人それぞれの部分があります。

 

だからといって、妊娠線対策をしなかったタイミングがあると、その時期にできてしまったという方もおられるために、
できる時期はすべてケアしておいたほうがいいという結論になってしまいます。

 

そうすると、各メーカーの妊娠線予防クリームの内容量もことなり、きれたら追加注文したりすることも考えておかなければならなくなります。
なので、このページでは、人気メーカーの妊娠線予防クリームの内容量を比較してみようと思います。

 

こちらに人気の妊娠線予防クリームの一覧表を作りましたので、参考にしてみて下さいね。

商品名

ベルタ妊娠線クリーム

PRIMO(プリモ)

AFC ストレッチマーククリーム

NOCOR(ノコア)

キャリネス ボディークリーム

商品画像

人気妊娠線予防クリームの内容量比較

妊娠線予防クリームの内容量比較

人気妊娠線予防クリームの内容量比較

人気妊娠線予防クリームの内容量比較

人気妊娠線予防クリームの内容量比較

価格

6,980円

6,980円

2,800円

6,980円

6,696円

定期価格

4,980円(3ヶ月継続)

3個セット 16,980円

3個セット 7,500円

3個セット 19,389円

なし

内容量

120g

100g

120g

150g

200g


妊娠線予防クリームの内容量比較の一覧表はいかがでしたか。

 

どれも同じように見える妊娠線予防クリームの選び方に迷ってしまう方も多いので、自分に最適な妊娠線予防クリームを選ぶときのひとつの指標として活かして頂ければ嬉しいです♪

 

また、妊娠線予防クリームは内容量だけではなく、そのクリームの伸びの良さにも影響があります。

 

妊娠線予防は、女性ホルモンの影響もあり、出来るだけ早めに始めるのが良いので、妊娠初期で『吐きつわり』がある方の場合は、柑橘系のさわやかな香りがするものという基準で選ぶのも良いでしょう。

 

妊娠線は意外な場所にもできるものなので、全身に使えて、しかも効果のあるケア用品でなくては意味がありません。

 

体質的にもできやすいなと感じる方は、容量とクリーム自体のテクスチャー、効果、使い心地など様々な角度から正しい商品選びをしていきましょう!

 

妊娠線予防はクリームだけじゃだめ!?体重コントロールも大事

ここでは人気の妊娠線クリームの比較をさせていただきましたが、本気の妊娠線対策を検討されているのであれば、クリームを使うのはもちろんなのですが、それだけではなく体重が急に増加してしまわないように徹底的にコントロールしていくことも大切です。
※妊娠中の極度なダイエットは胎児の健康や生命に関わる危険な行為ですので、あくまで適正体重をキープできるように調整していく意味合いでの体重コントロールです。

 

なぜ体重コントロールが重要なのかと言うと、妊娠線が発生する最大の原因でもあるからです。
妊娠線は、お肌の乾燥も大きな原因の1つなのですが、赤ちゃんの成長に加えて余分な体重増加をしてしまうと、その分さらにお腹の膨張が余計に行われてしまいますよね。
そうすると、いくら徹底的にケアをしていても、妊娠線が発生するリスクがぐんと高まってしまうんです。
だからこそ、妊娠線の対策には体重コントロールが必須になってくるんです。
極端な話ですが、体重コントロールがしっかりとできていた方の場合、妊娠線クリームの力を借りなくても妊娠線が発生しなかったと言うパターンも珍しくないんです。
そのぐらい体重コントロールは大切です。

 

妊娠中の体重コントロールで大事なこと

体重コントロールといっても、運動をしたり、生活習慣を整えたり、食事を見直したり、いろんな方面でアプローチできますよね。
もちろん、妊娠中もよしとされるウォーキングとスクワットなど、生活習慣を整えることとか、そういったことも大事なんですが、中でも1番効果的なのは食事の見直しです。
なぜならば、これまた極端な話ですが、私たちはどれだけ運動をしようとも、余分に食べていては太りますし、どれだけ家の中で怠けていようが、全然食べなければガリガリに痩せていく一方ですよね。
それほど私たちの体重の変動には食事が大きく絡んでいることを忘れてはいけません。
もちろん、適切な体重コントロールについては、あなたの体の状態をよく理解している上に医学的知識をしっかりと持っているお医者さんと相談しながら行っていくのが好ましいです。

 

手っ取り早いのはお医者さんの指示通りに実践していくことです。
おそらくどの先生の助言にも共通して出てくるのが、食べ過ぎには注意すると言うところです。
ここが1番難しいポイントでもあると思いますが、孤高乗り越えるために効果的なのは満腹中枢をコントロールする習慣です。
例えば食事の前にウォーキングをして血糖値を高めておくとか、食事の20分程度前にご飯をむしゃむしゃ食べて、たくさん咀嚼をして脳の満腹中枢にたくさんの刺激を与えておけば、いざ食事が始まったときにはある程度食欲が満たされている状態を作ることができ、食べ過ぎの予防につながります。
これをするだけでも余分に食べることを防げるので、十分体重コントロールになります。
苦しい断食とかをしなくていいのですごくオススメですよ。