妊娠中の免疫ってどう変化するの?

このページでは妊娠中の妊婦さんの免疫がどういうふうに変化していくのかを特集しています。
よくあるのが昔からいわれているように妊娠中は免疫が変化をおこして風邪などの病気にかかりやすいとされています。
そういった噂は本当なのでしょうか。
妊娠中は様々なことに注意をしなくてはならず、免疫の変化は時期によってはインフルエンザや風疹などやっかいな病気にもかかる可能性があります。
なので専門家にしっかりと聞きました。参考にしてみてください。

 

 

 

妊娠中は免疫力が低下するって本当ですか?
免疫が低下するから妊娠中の妊婦さんはは風邪を引きやすいって本当ですか?


 

 

確かに妊娠中の妊婦さんは免疫が低下します。その理由は妊娠中は、女性ホルモンなどが変化するのでその影響で免疫力が低下します。
この現象は妊娠中の妊婦さんの体の中で赤ちゃんを受け入れるために起こるため、実は自然なことなのです。
お腹の中の赤ちゃんの染色体や遺伝子の半分は、お母さん、そしてもう半分はお父さんのものです。
だから一度生まれてしまうと、仮に赤ちゃんの臓器に何らかの問題があったとしても、ママの臓器を移植すると拒絶反応がおこってしまいます。

 

もし、妊娠中も免疫力が強いままだと、免疫自体が赤ちゃんを攻撃してしまい、流産や早産になる可能性が高くなってしまうのです。
妊娠中の免疫機能の低下は人間の体の神秘でもあり、ママの体の中でしっかりと赤ちゃんを守るためでもあるんです。
その一方、免疫力が低下するため、どうしても風邪などのウイルスに戦う力が弱まってしまい、逆に風邪を引きやすくなります。
だから、妊娠中は無理をしないで規則正しい生活をおくり、マスクなどで風邪の予防に気をつけてください。

妊娠中の免疫

さきほど書いたように、時期によってはインフルエンザや風疹などの季節性のウイルスなどにも注意する必要が出てきます。
なので、妊娠中は多くの検診があって、そういった検診にもしっかりとした理由があるんですね。

 

インフルエンザの予防接種も基本的に赤ちゃんに影響はないので、受けることをおすすめします。
少しでも不安に思ったらかかりつけの産婦人科にしっかりと相談してくださいね。

 

産婦人科でも説明があったと思いますが、妊娠中の妊婦さんのインフルエンザ(新型インフルエンザも含む)のワクチン接種の優先順位は
お医者さんに次いで、妊婦さんなんです。

 

これは免疫が下がっているという事と、お腹に赤ちゃんが成長することで妊婦さんの血液が妊娠前よりも多く循環するため、心臓に負担がかかっていて、
肺も子宮の成長によって圧迫されるために、インフルエンザなどの注意するべき病気にかかりやすいうえ、肺炎なども併発しやすくて重症化しやすいんです。

 

だから病気の予防には一番気を付けておきたいんです。

 

また妊娠後期になると免疫機能が低下している影響で、肌の乾燥も進んでいき、
かゆみや肌のつっぱり感も現れていきます。

 

免疫というのは体の中に入ってきたウイルスや感染症などの病原菌を撃退するだけではなく
肌のターンオーバーもみだしてしまうので、免疫の低下と妊娠線も実は関係がある問題なんです。

 

確かに出産が終わるとできてしまった妊娠線はうっすらと目立たなくなる傾向があるのですが、
それには個人差もあり、完全に消えるという状態になるのはまれなんです。

 

だからこそ、妊娠中に妊娠線の予防をしっかりと行う必要があるんですね。