妊娠線予防クリームとボディークリームの違い

妊娠線をくっきりと残ってしまったなんて考えられない!そう誰もが考えるはずです。そこで、妊娠線予防クリームと普通のボディークリーム違いはなんでしょう?

 

普通のボディークリームと妊娠線予防クリームって何が違うの??

 

 

妊娠線予防クリームは保湿と皮膚に水分をたっぷりと補てんするクリームです。ただここまでだと普通のボディークリームと大きな違いはありません。妊娠線予防クリームはお腹周りなど、多くの面積で使うので、クリーム自体の伸びが違います。専用で使い勝手がいいので、普通のボディークリームより高価なものが多いんですね♪
またもう一つの大事な役割は、皮膚の柔軟化という効果があります。


 

 

妊娠線の予防は、大きく分けると2つのケアが必要になります。
皮膚の保湿と柔軟化です。

 

妊娠線予防クリームには両方の役割があって、肌の再生力自体を上げてくれるんですね。

 

妊娠線は肌の表面の皮膚が亀裂をおこすだけではなく、その奥にある真皮と言われている部分がひび割れを起こし、
毛細血管の色が肌の表面にうっすらと浮き出る形で表れていきます。

 

やはり市販のボディークリームでは十分なケアができないんです。
もちろん口コミサイトやヤフー知恵袋などでも、市販のボディークリームだけで妊娠線予防を行っていて、今までできたことがないという方もおられます。
しかし、肌というのは個人差が大きく、妊娠線の起きやすい環境や体質にも左右されるので、ボディークリームで大丈夫だと判断することはとても危険なものでもあります。

 

私たち女性は、一度妊娠線ができてしまってからは取り返しがなかなかできません。
友人と海水浴、プール、温泉旅行などその後のことを考えると、やっぱりきれいなお肌のままでいたいものです。

 

保湿がしっかりとできて、お肌も柔らかいままであれば、妊娠線のできる可能性がぐっと低くなります。
これは肌が固い状態だと、お腹の中の赤ちゃんがどんどん成長するにしたがって、妊婦さんの皮膚はどんどん伸びていきます。
さらに妊娠中では免疫力も低下しているので、それとともに肌の再生力も低下しています。

 

だからこそ、肌の柔軟化と保湿の両方からのアプローチが可能な効果のある妊娠線予防クリームを選ぶ必要性が出てくるんですね。