妊娠線でも海が恥ずかしくない方法

妊娠線は、妊娠中のケアである程度までは防ぐことができますが、どうしても少し残ってしまうことがあります。
そして、夏場に水着を着る機会が生じたとき、それをどのように隠すか悩むことになってしまいます。
まず、水着を着るとわかった時からできることは、少しでも線を薄くするためのお腹の肌のケアをすることです。
お風呂上りに、お腹の水気をよくふき取ってから、
お顔のケアと同じようにさっとボディ用の化粧水を染み込ませます。
そのあと、少し時間をおいてから、美白効果のある美容液をなじませます。

 

さらにしばらく時間を置き、妊娠線ケア用のオイルやクリームを塗りこみます。

 

このケア方法をずっと継続すると、線が薄くなることがあります。ただし、オイルやクリームを塗り込むときは、肌を強く押しすぎたり、マッサージするように揉んだりしないように気を付けなければなりません。そのようなことをすると、かえって線が濃くなってしまう可能性もあります。
また、ケアが間に合わなかった場合は、妊娠線の上からお腹の肌と同じトーン、もしくは少し濃い色のコンシーラーを塗って隠す方法もあります。コンシーラーはお顔用のものではなく、ボディ用ものが市販されているのでそれを使用します。ただ、これは水の中に入ると落ちてしまう可能性もあります。コンシーラーを使う場合は、ウォータープルーフ効果のあるものを使うか、それがない場合は、コンシーラーを塗った後に時間をおいてから日焼け止めを塗ってしまえば、コンシーラーの持ちをよくすることができます。
そして、一番手っ取り早い方法は、妊娠線そのものがすっぽり隠れる水着を選んで着ることです。女性用の水着には、色々な形のタイプがあるので、その中から、線の部分が布地で覆われるようなものを選びます。ハイウエストビキニやタンキニ、あるいはパレオ付きのタイプやワンピースがついているタイプの水着であれば、おしゃれでありつつも目的を果たすこともできるので、一石二鳥の効果があります。線がどこの部分に、どれぐらいまで残ってしまっているかにもよりますが、ハイウエストビキニを着る場合には、ビキニである以上お腹の上の部分は露出してしまうので、注意が必要です。
いずれの方法を選ぶにせよ、できてしまった妊娠線は、時間が経てば経つほど消えにくくなってしまうので、産後早いうちからしっかりケアしなければいけません。隠す前に消す努力をしなければいけないのです。

 

やっぱり妊娠性はいちどできたら消えないの?

結論から言ってしまうと、できてしまった妊娠線は完璧には消せないと言われています。
ですが、巷では妊娠線が消える。といった謳い文句のクリームなどのアイテムが溢れかえっていますよね。
それについては、妊娠線が消えるというのは確かにそうなのかもしれませんが、完璧に元の状態に戻ると言うニュアンスではなく、ある程度目立たなくなるまで消える。というところまでは持っていける。ということを主張したいのです。

 

消費者と販売者側でその辺の認識の違いが生まれてしまうことから、「クリームを買って試したけど全然妊娠線が消えない」と言った相談が消費生活センターのほうに殺到しているそうです。
事実として、妊娠線はクリームを活用して正しくケアすることである程度目立たなくすることが可能です。
ですが、そこにはそれなりの努力と継続が必要になってくる事が大前提です。
こういったことを認識した上で妊娠線クリームを使われることをお勧めします。

 

妊娠線を目立たなくするために必要なこと

このページの前半部分では、表面的に妊娠線を目立たなくするための小技のようなものをご紹介しましたが、できれば何もせずとも目立たない状態にしていきたいですよね。
そのために必要になってくるのは、肌本来が持つ再生力を最大限に発揮させることです。
スキンケアについて少しかじっている方であれば聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、ターンオーバーとか、お肌の新陳代謝とか、そういったことです。

 

肌本来が持つ再生力を最大限に発揮させるには

お肌の持っている新陳代謝などを生かすためには、アイテムを活用して外側からのアプローチをしていくことも大切なのですが、それ以上に、内側からの対策もしていくことが重要です。
例えば、ビタミン豊富な野菜や果物を摂取したり、そういった栄養が豊富なサプリメントを摂るようにしたりするのも1つの方法です。
後は、定期的に運動したり、規則正しい生活リズムを作ることで、自律神経の働きを整えて肌本来が持つ再生力を生かすと言う方法もあります。
やり方としてはいろんな方法があるのですが、1つの方法を集中的に取り組んでいくと言うよりは、全体的にバランスよく取り組んでいく方がより効果的です。
また、爪や髪の毛が生え変わるのにかなりの時間が必要なのと同じように、肌の再生には時間がかかります。

 

なので、今お伝えしたような習慣などを毎日地道に継続することが大切です。
がんばって続けるのは大変なので、生活の中にうまく取り込んで、やって当たり前の状態を作れると継続しやすいかと思います♪

 

根本的に妊娠線を目立たなくさせるためには、こういった努力を継続することが効果的です。