妊娠線予防対策はいつから?

妊娠線の予防にはいつから始めたらいいのかという質問が私のところにもよく届きます。
たしかにできなければいいと神頼みするのではなく、できるものなら計画的に妊娠線予防はしたいものです。

妊娠線予防はいつから?

妊娠線はしっかり予防したはずなのにできてしまったという方もおられるようにとても個人差の大きな回答になってしまいます。
この個人差というのは、もともとの肌の状況や、ストレスをはじめ
外部からの影響などは環境によって左右されるためであり、
妊娠線予防としてクリームやオイルなどで対策されるのは
多くの方は3〜4か月後という回答が大部分を占めました。

 

これには理由があり、妊娠線は体の変化、特に妊娠線の
できやすいお腹などは、お腹自体が大きくなりはじめるタイミングが
対策のしはじめだという考えなんです。

 

もちろん、それも正解だと思います。

 

さらに言えば、お腹が大きくなるなどの体の変化とともに見ていただきたいのが、
皮膚の乾燥しだす頃という点です。

 

体の変化によって妊婦さんのお腹や太ももの皮膚は引っ張られ、
そこに乾燥とか様々な要因が加わったら妊娠線のできる可能性は大きくなっていきます。
なので、体の変化と乾燥という二つのポイントをおさえて、
いつから妊娠線の予防をはじめたらいいのかという判断をしたらいいのかなと思っています。

 

また、お肌の生まれ変わるターンオーバーというのは、体の部分や個人差があるのですが、およそ28日〜56日程度といわれています。
妊娠線のできやすい部分も皮膚には変わりないので、そのターンオーバーの周期も判断材料になるかと思います。
ただし、妊娠中は女性ホルモンの乱れや、寝不足、便秘などの症状もでてくるので、ターンオーバー自体が狂っている場合もあります。

 

なのでターンオーバーの周期はあくまで基準として考えてみてくださいね。

 

妊娠線はいつから体にでき始めるもの?

妊娠線はできる方もできないという方もおられるのですが、できてしまっては後で大変な思いをしてしまうのでできることならできずにすごしたいものです。

 

では妊娠線はいつごろから体にでき始めるのでしょうか。
もちろん個人差があるのですが、多くの方は妊娠後期、そして臨月になってから急に気が付くと妊娠線ができたという口コミなどでも声が上がっています。
お腹周りだけではなくお尻や二の腕、太ももなど中には自分では認識しにくい部分だからこそ発見が遅れたということも多いのですが、体に変化が目に見えて起きやすい時期に妊娠線は起こるという声が多いことがわかると思います。

 

では次に作らないようにするために妊娠線ケアはいつから始めたほうがいいのかを見ていきたいと思います。

 

妊娠線ケアはいつから始めたほうがいいの?

先ほど妊娠線ができやすい時期を説明したのですが、それのためのケアはできてしまってからでは遅いのはお分かりだと思います。

 

妊娠線の原因となっているホルモンバランスの乱れは妊娠以降起こるものなので、妊娠線のケアは妊娠初期から行ったほうがいいということになります。

 

皮膚のケアとしては水分と油分のバランスを整えることで、肌の乾燥状態を回避するため妊娠線予防のクリームやオイルといったケアアイテムで肌の亀裂を起こらないようにケアすることが大切になります。

 

同時に体重の急増や急減も妊娠線の原因となるため食生活からできることも意識しておきたいものです。

 

 

本来妊娠線ケアというのは、妊娠による体の変化の過程で起こりやすいものです。
ここでもう一度妊娠線の原因を確認していくと、

 

妊娠線のできる原因

  • 妊娠によるホルモンバランスの乱れ
  • 急激な体重変化
  • お肌の乾燥

 

この3つが原因と言われています。
この3つが合わさって表れるのは、妊娠初期からなんですね。
妊娠初期から、徐々にお肌のきれつが沈着していって、表面にも表れ始めてくるのです。

 

ケア自体は、初期から行う必要があるのですが、初期をすぎたらしなくてはいいのかというと、継続してケアしていかなくてはなりません。
出産時まで妊娠線ケアをしていたけれど、産後にもお肌の乾燥状態がつづいているのならば、妊娠線ケアとしてではなく、
乾燥肌対策として行ったほうがいいでしょう。

 

妊娠線をできてから消すことよりも、できる前に予防するということもとても重要なことです。対策や予防は早めにしだしましょうね♪

 

このようにいつから妊娠線予防クリームを使ったほうがいいのかというのは
アバウトながらもできるだけ早めの使用がにんしんせんのできにくい肌へ生まれ変わらせることができるということが
わかったと思います。

 

では具体的に妊娠線予防クリームはどういったポイントで選べばいいのでしょうか?

 

妊娠線予防クリームは、いろんなブランドの商品が販売されています。

 

そんな中でも任氏線予防クリームを選ぶために見ていただきたいポイントというのは

 

  • コストパフォーマンスがいい商品
  • 抜群の保湿力で、なおかつベタつかない
  • 肌に対してのやさしさ
  • 妊娠中に敏感になるにおいについても考えられている商品

 

この4つのポイントを踏まえて商品を選べば、まず間違いはないかなと思います。

 

コスパがいいというのは、ただ安いだけではなく、価格と効果が両方そろってはじめてコスパがいいといえます。
保湿力は妊娠背に予防クリームでは大事な要素ですが、保湿力があってもべたつきがある場合は
その上から着る衣類などの関係で不快な感触になってしまいます。

 

肌に対してのやさしさというのは、妊娠中に敏感肌になったり、乾燥肌へと変化する場合、そういった肌でも
使えるクリームであるのかというのは大切な部分なんですね。

 

妊娠中はホルモンの変化によって今までは大丈夫だったけれど、急に肌質がかわってきたなど
様々なことがおきていきます。

 

においもつわりなどの影響で敏感になるので、妊娠線予防クリームは無香料のものがおすすめなんですね。

 

このようにいつからという視点と、どういった商品を選ぶべきなのかという両方をみていい商品を選んでいただきたいと思っています。