芸能人はどんな妊娠線予防ケアを使っている?

テレビに出たり、多くの方の前で演技をしたり、芸能人というのは華やかそうな業界に見えてとても大変な努力の必要なものなんです。

 

妊娠線ケアも、そんな努力のひとつなんですね。
下腹部にだけ妊娠線ができた場合は、あまりみられることもないでしょうが、妊娠線はおしり、太もも、胸など様々な場所にできます。
多くの方に見られるのが仕事の一つでもある芸能人の方々は、妊娠線一つでも一般の方以上に神経質になって予防の努力をされています。

 

もちろんそのケア方法は人によって様々なものがあり、運動や生活習慣もかかわってくるので、使っている商品だけで
その妊娠線ケア商品が優秀だと一概にはいえないのですが、好きな芸能人の方がどんなものをつかっているのかは
気になりますよね。

 

公式ブログなどで紹介されている方中心に調べてみましたので参考にしてみてください。

 

 

ヴェレダマザーズボディオイル

 

モデルの梨花さん、優木まおみさん、スザンヌさん、長谷川理恵さんが愛用されています。
ヴェレダの天然オーガニックの妊娠線ケアオイルなので、少しお高めですが、天然オーガニックの安心感はとても大きいですよね。

 

キャリネスボディクリーム

 

紗栄子さん、モデルの美香さん愛用♪
皮膚専門家が監修した妊娠線用クリームで継続性のあるうるおいが長時間キープできるそうです。

 

Bioil

紗栄子さん、山田優さん、東原亜希さん愛用♪
妊娠線予防にも使われるのですが、ほかにもニキビややけどのあとなど皮膚の補修能力が魅力の商品ですね。
口コミでも絶賛のものと、合わなかったと賛否両論あるようです。

 

エルバビーバ ストレッチマークオイル

小倉優子さん、鈴木えみさん愛用♪
天然オーガニック成分で作られている100%ナチュラルな妊娠線ケアオイル。

 

ローズヒップオイル

ミランダカーさん愛用♪
ミランダカーさんはココナッツオイルやチアシードなど様々な気になる商品を発信してくれるので
多くの方が参考にしているんですね。

 

世界的にも有名で人気も絶大のスーパーモデル。
多くの方がその発信する美容法に即実践するほど注目なんです。

 

 

このように妊娠線予防ケアには様々な方法を芸能人の方々は実践されているんですね。

 

妊娠線というのは妊娠中に、体中の皮膚が乾燥肌の状態になりやすくなることで、一度できていく皮膚の亀裂は徐々に定着していきます。
だからこそ、お腹だけではなく全身をケアする必要があるんですね。

 

妊娠線は完璧に消えないって本当なの?

妊娠線を少しでも目立たなくするために妊娠線クリームやオイルなどがありますが、そういったものを活用しても、美容外科を行っても、元々の肌でもともとの状態に戻していくのは不可能だと言われています。

 

妊娠線予防や対策のために使えるクリームなどはありますが、実際に発生してしまった妊娠線に対して完璧に元の状態に戻してくれるものはありません。
なので、これを使えば完全に妊娠線が消えますよ。と歌っているアイテムは要注意です。

 

だからこそ、妊娠線は予防ケアが最も重要だと言われているんです。
そのために先ほどまでにご紹介したアイテムが重要となってくるわけですが、その他にもセルフケアとして行えることがあります。

 

 

体重コントロールを行う

妊婦にとって体重コントロールは重要な任務の1つでもありますよね。
本来の目的としては、赤ちゃんが健康的に成長できる環境整えるために行うものですが、妊娠線を予防する上でも適切な体重コントロールは必要不可欠となってきます。
例えば、妊娠線が発生してしまう大きな原因の1つとして、急激な体重増加によるお腹の膨らみがあります。
特に妊娠中期から後期にかけては急激にお腹が成長していきますので、この時に食べつわりなどによって必要以上に体重増加してしまうと、それだけお腹周辺の皮膚に負担がかかってしまいますよね。
それに耐えられなくなった場合、お腹に亀裂が入り、それが妊娠線になってしまいます。
もちろん、赤ちゃんは常に成長していきますから、いくらか体重が増えていくのは当然のことなのですが、一緒に止められる位体重増加が加速していくのは妊娠線的に見てもあまり良くない状態です。
なので、赤ちゃんの為にも、今後の自分のためにも、体重コントロールをしていく努力は怠らないようにしたいところです。

 

妊娠中のダイエットは食事の見直しがポイント

妊娠中は、ジムでガツガツ運動するわけにもいきませんし、トップモデルのような断食ダイエットで短期間で結果を出すような無茶な事はできません。
しかし、太るにしても痩せるにしても、食事の要素が大きく影響するので、やはり食事の見直しをしていくことが大切です。
具体的に言うと、ヘルシーな和食を継続的に心がけることにより、赤ちゃんのための栄養をしっかり補給しながらも余分なカロリーを摂取しない習慣を作ることができるので、これは大変お勧めです。
なお、和食と言うとかなり難しいイメージがあると思いますが、クックパッドなどで「妊娠中 和食」といったような感じで検索すると、誰でも簡単に挑戦できるレシピがたくさん出てきます。
なお、そこで得たスキルは、出産後のダイエットにも役立ちますし、今後の自分や旦那さんの健康管理にも有効活用することができますので、このタイミングをきっかけに和食メニューをマスターしてしまうのもいいと思います♪