生活習慣改善は基本!?

お肌の状態も、健康も、生活習慣からってよく言いますよね。では妊婦さんの妊娠線の問題も生活習慣からってことでしょうか?
妊娠中に起こる肉われを妊娠線というのですが、お肌の問題です。
お肌の問題は生活習慣とも密接に関係しているので、そのあたりを見ていきましょう。

まずは妊娠線ができるメカニズムから注目します

妊娠によって、急激にお腹や腕回り、おっぱいなどの表面の皮膚が引っ張られて、亀裂がはいって、それが定着することでできる妊娠線のメカニズム。
妊娠線は急激に皮膚の成長に伴うひび割れなので食事面でいえば、高カロリーな食事や外食を控えて、栄養価が高くてバランスの良い食生活を心がける必要があります。
低脂肪、低カロリーは必須条件。高タンパクで、食物繊維が豊富な食事はもちろん、肉、魚、緑黄色野菜に、根野菜、穀類や豆類、海藻類をバランスよく摂取・・・が理想です。

 

はい、私も現実には結構つらいぞと思いました。そこで、妊婦さんの体型の維持について考えたいものが、栄養のサプリメントとか、栄養ドリンクです。普段摂取しきれない栄養素をそういった機能性食品などに頼るのもありかなと思います。

 

ただし、中には妊娠中の方はご遠慮くださいだとか、妊婦さんは摂取をさけてくださいなど記載されているものもあるので注意が必要です。

妊婦さんでも摂取できる栄養補助食品はあるので注意深く、そして将来のきれいな体型作りに参考にしてみてください。

 

妊婦さんの妊娠線対策としての食事

昔はお腹の中の赤ちゃんの分まで栄養を摂らないといけないといわれていて、
それこそ二人分の食事を頑張って食べていたという記録もあるようですが、
現代は体重のコントロールが重要で、そのうえでの栄養管理が必要といわれています。

 

体重管理を意識するあまり、栄養が不足していては意味がないので
第一はお腹の中の赤ちゃんの健康を意識していくことが大事です。

 

そして妊娠線ができないように肌の柔軟化をクリームなどで対策しながら
皮膚の細胞を作るための食事内容に注意していきたいところです。

 

食事で妊娠線対策を考えるとまず考えてほしい栄養がコラーゲンです。
コラーゲンというのは皮膚の中で細胞と細胞を鎖のようにくっつける働きを果たす大事な栄養素です。
妊娠線が肌の伸縮に耐え切れず線として表れるので、
コラーゲンを進んで摂取していきたいものなんです。

 

では、コラーゲンを食生活の中で摂取するためにはどんな料理が有効なのでしょうか。

 

コラーゲンというのは、すっぽんやふかひれ、豚足、牛筋、ウナギなどに含まれる成分なのですが
摂取する上で注意したいのが基本的にコラーゲンが含まれている料理や食材というのは
高カロリーになりがちの傾向があるんですね。

 

せっかく妊娠線対策にコラーゲンをたくさん摂取してもカロリーが多いせいで
体重の増加が進み、肌に負担をかけることになっては意味がありません。