ガードルや腹巻で妊娠線ができない?

腹帯とは、妊婦が使用するガードルや腹巻きのことで、妊婦帯という言い方をする場合もあります。
妊娠によってお腹が大きくなってくる頃になると、体のバランスがとりづらくなり、歩行も困難になる時期となります。大きくなったお腹のために、足元も見えづらくなりますが、前や横に張り出したお腹が重く、動く度に不安定になり、皮膚が引っ張られるように感じることがあります。
そんな場合には、腹帯をつけてお腹を支えると、お腹が安定するため、皮膚に負担がかからず、保湿もできるため妊娠線予防にもなります。
だんだんとお腹が大きくなっていく度に、乾燥もしやすくなります。そういった時には、妊娠線予防のクリームをたっぷりと塗ったあとに、腹巻きタイプの腹帯で、覆ってあげることで、予防クリームの成分がしっかりと肌に浸透し、保湿力がアップします。
そのほかにも、腹帯でお腹全体を支えることで、腰への負担も軽減することができますから、腰痛持ちの人にとっては有効な方法です。また、下半身は血行が悪くなりがちですが、冷えを防止する効果も期待することができます。

 

妊娠すると気になることの一つに、妊娠線が考えられます。
7割の妊婦にできるともいわれているため、ママにとってはとても深刻な問題かもしれません。
そもそも、急激にお腹が大きくなることで、皮膚の伸びがついていけず、真皮が裂けてできる断裂跡のことをいいます。急激にお腹が大きくなる妊娠5〜7ヶ月頃からできやすくなり、個人差もありますが、上下に1本だけという人もいれば、10本以上できるという人もいます。
できてしまった妊娠線は、時間の経過とともに徐々に目立たなくはなりますが、完全に元に戻すことはできません。
妊娠して皮下組織の中にある脂肪細胞が、急激に大きくなることで、真皮はある程度伸縮することはできますが、急激に大きくなる場合、そのスピードについていけず、一部が断裂してしまいます。
断裂したところから、毛細血管が透けてみえるため、赤紫色の線状斑が現れてしまいます。真皮の奥深くの真皮細胞にできるため、一度できてしまったものを元に戻すことは大変です。
ただ、すべて妊婦ができるわけではなく、3割の人は妊娠線ができないまま出産を迎えることができます。
できやすい人の特徴としては、体重の増加が12キロ以上の人で、元々痩せている人や小柄な人、多胎妊娠の人、アトピー体質の人、高齢出産の人、乾燥肌の人などができやすいと考えられます。
予防法としては、ゆっくりと体重を増やし、保湿ケアを徹底することが重要なポイントとなります。

 

究極のスキンケアとしてにわかに浸透中!?肌断食のやり方

突然ですが、肌断食と言うスキンケアの方法をご存知でしょうか?
ここでは肌のデトックスのお話をしましたら、肌断食を行うことで、肌のデトックスのサポートにもつながります。
そしてニキビや乾燥肌への効果も期待されているんです♪

 

そもそも肌断食とは一体何なのか?というところですが、私たち女性は毎日スキンケアを行っていますが、そうすると逆に肌に栄養がありすぎる状態になってしまったり、肌に触れすぎてしまって肌が疲れてしまったり、そういった状態になってしまいます。
本来断食と言うのは、食べるべき食べ物食べずに我慢して内臓休ませると言うものですが、それをそのままお肌にやる感じで、いつもやってるスキンケアとかメイクとかをあえて一切やらずにノータッチで過ごすことを肌断食と言うんです。

 

私も、これを初めて知ったときは、洗顔とかもしないの?とびっくりしてしまったのですが、中には最低限のスキンケアを行い、軽いメイクだけをすると言う方もいらっしゃるようです。
しかし、メイクもスキンケアも一切遮断することにより、肌本来の働きを回復させることにつながり、根本から肌荒れを解消し、健康的できれいな素肌を自然に手に入れることができると言われています。

 

実際にこのような肌断食を行い、乾燥肌やニキビ肌が大きく改善された方や、角栓や毛穴の引き締め効果を実感している方もいらっしゃるようです。