妊娠線予防、肉割れケアをクリームで対策

妊娠線を消す

できてしまった妊娠線肉割れ。消すことや予防ってできないかな。
妊娠線・肉割れが恥ずかしくて前のように水着が着れない。
肉割れが目立つから温泉に入りたくなくなった。
など悩んでいる方って結構多いんです。

 

できてしまったら消すことはできないのかな?
もちろんその前のケアや予防が大事だけれど
それでも何とかしたい場合どうすればいいかまで、しっかり解説していきます♪

 

妊娠線対策というのは

  • 食事での対策
  • お肌のケア
  • 体重管理

という3種類の対策が必要になります。この中のどれか一つでもかけるとダメなんですね。
もちろん自分では対策をしているつもりはなくてもできないという方もおられます。
このサイトではそういったできやすい方やできにくい方も含めて特集しています。

 

また、巷では妊娠線予防なんて必要ないよなんてものまであります。
その真実とは?消すことってできるの?いったいどれが正しい情報なのでしょうか。
管理人である私自身が身を持って体験したことや、皮膚科の専門家に直撃した内容を掲載中です!
妊娠線を消すことや妊娠線予防ケアも含めて、産後に妊娠前以上にきれいになっていきましょうね♪


妊娠線はとらえ方で、肉われともとらえることができます。妊娠線ケア、肉われケアにも使える内容をてんこ盛りのサイト、
みなさんよろしくお願いします。

 

妊娠線・肉割れができるメカニズム

妊娠線,予防,クリーム,ランキング,対策

妊娠して赤ちゃんの成長と共に急激にお腹が大きくなると皮膚が引っ張られてしまいます。
皮膚ののびる限界に来ると亀裂ができます。
その裂け目が紫色の線状に見えるようになったもの、
それが妊娠線・肉割れといわれているものです。

 

また妊娠中は体の中でコラーゲンを作る機能が低下してしまうため、
皮膚が伸びる状態から回復させる働きが弱くなっているんです。

 

それが余計に妊娠線を作ってしまう要因にもなっているんです。

 

更に、妊娠線とは妊娠したことがある方特有のことでもないんです!
成長期にできたり、女性ではなく男性でもできたりもするんです。できてしまった線は消すことはできないのでしょうか?
まずは、どんな妊娠線クリームが人気なのかをランキングで確認していきましょう。

妊娠線予防クリームの人気ランキング

 

 

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの特徴

あの妊婦さんに大人気のベルタブランドから圧倒的人気だったベルタ妊娠線クリームがパワーアップ! 登場と同時に一気に人気ランキングトップに駆け上がりました! 前のベルタ妊娠線クリームに、さらに効果のある成分やオーガニック成分など目が離せません。 従来の妊娠線クリームは海外製のものが主流だったのですが ベルタから国産の妊婦さんのために開発されたクリームが販売と同時に売り切れ続出の盛況ぶり!

価格 6,980円円
評価 評価5
備考 初回限定価格500円キャンペーン中!
 
 
フォーファムボディーミルク&ローションの特徴

価格 2,900円
評価 評価5
備考
 
 

ノコアアフターボディトリートメントクリームの特徴

ランキング3位はノコアの妊娠線クリーム。すでにできてしまった妊娠線は消せないという常識から脱却を目指して制作された注目の商品。マタニティーマークは予防しかできない、対策していたけれどついついできてしまったなど、そんなときには一度みてもらいたいクリームなんですね。 もちろん予防効果も口コミでも評判が高いスグレモノ。

価格 6,980円
評価 評価5
備考
ノコアアフターボディトリートメントクリームの総評

ノコアの妊娠線予防クリームは、できてしまった妊娠線にも有効だということなので、古くなった角質を新しいものへと代謝向上。EGF・FGFという肌の繊維芽細胞の増殖因子様成分や特殊なビタミンC誘導体にも注目です!

 

 

 

スキンクリームマドンナ

ランキング1位

人気ランキング4位はマドンナのスキンクリームマドンナ!!

今まで多くのユーザーに支持されてきている分、知名度はやはりナンバーワンではないでしょうか♪オーガニック成分95%配合。
先輩ママさんに話を聞いたりするとスキンクリームマドンナを使ってらっしゃる方も、あなたのまわりにもたくさんおられるのではないでしょうか。
それだけ多くの先輩ママさんにも長い間にわたって支持を得ている妊娠線対策商品なんです。

 

⇒ ランキング4位の理由

 

エンジェリーベオリジナルマッサージクリーム

ランキング2位

ランキング5位はエンジェリーベオリジナルマッサージクリーム!

5位というポジションではありますが、まだまだ開発されてから年月がたっていないだけで、
実力はランキング1位に相当すると管理人である私も使って感じました。
実際に使うプレママさんの声をもとに開発されているので、
厳しい安全基準をクリア。妊婦さんからしたらなによりも安心して妊娠ケアがしたいという声をしっかりと反映。

 

ボタン

 

⇒ ランキング5位の理由

パリダクリーム

妊娠線,予防,クリーム,ランキング,対策

ランキング5位はパリダクリームです。カタツムリ成分配合のスキンケアクリームとして

開発されましたが、その保湿成分やケア能力などから妊娠線のケアにも
注目が集まったという純国産の安心して使える妊娠線予防にも使えるクリームです♪
あのミランダカーさんも、かたつむりクリームは注目されていますからね!
マドンナにだんだん迫っている勢いで人気なのがこのパリダクリームなんですね。

 

ボタン

 

⇒ ランキング5位の理由

 

妊娠中

妊娠線予防クリームの人気ランキングはこのようになっています。
事前に対策をしないと後々になって後悔がないようにしたいものですよね。
また、ヤフー知恵袋などをみてみると、中にはボディークリームやボディーオイルで乗り切ったという方も
おられますが、しっかりとそれらの商品と妊娠線予防クリームの違いも
確認していきましょう。こういったものは遺伝や太りやすい体質かどうかなど
様々な要素があるので、一概にはだれにも言えるようなことではありません。
どちらにしてもしっかりと妊娠線対策や妊娠線予防はしておくことが重要になるんですね。

 

妊娠していなくても女性は保湿が大切なのですが、この時期はそれ以上に
皮膚の保湿をしっかりと考えていきたいものです。

 

せっかくの妊娠をストレスにならないように元気な赤ちゃんを産んで、
ママも笑顔の産後でありたいですよね♪

 

妊娠線・肉割れの原因

  • 急激な体重の増加
  • お肌の乾燥
  • 運動不足による血流の悪さ

妊婦さんは体重の管理とお肌の乾燥を防ぐことがとても大切です。

 

お腹が大きくなる前に事前にきちんとケアをしたいものです。
特にお腹が大きくなる前の安定期に入ったころから対策をとることが大事になってきます。
イメージとしては固い皮膚が伸びてしまうことでひびがわれるので、
妊娠線を消す為にも、皮膚が硬いままという状態も改善しないといけないのですね!

 

また無理な短期間でのダイエットやリバウンド、
仕事とはいえ座りっぱなしで血流が悪くなってその結果という方もおられます。

 

基本は食生活の乱れが多いようですね。
年齢を重ねることで新陳代謝が悪くなってきて、そこにこういった要因が重なることでいつのまにか体に知らない肉割れが・・・。

 

妊娠線や肉割れが起こりやすいからだの部分

妊娠線,予防,クリーム,ランキング,対策

妊娠線に限らず、肉割れは太ももやヒップ、背中、ふくらはぎに起こりやすく、
気が付いたらあったとか、自分では気がついていなかったけど
誰か他人に言われてショックを受けたという方も多いはずです。

 

妊娠線に悩んでいなくても中には妊娠中または産後の体型を
戻すことが気になる方もおおいので、そう言った際に参考になるサイトを紹介します。

 

産後になってからできてしまった線に悩むのではなくて、妊娠中から出産後のことをしっかりと対策しておきましょう♪
できてしまった妊娠線を消すよりもその前の妊娠線予防をしっかりとしておきたいものですね。

 

 

妊娠線予防はいつから始めるの?

妊娠線予防は、皮膚の亀裂が定着する前に始めるのがいいのですが、具体的にはどのくらいの期間ケアをして
いつからスタートしたらいいのでしょうか。

 

妊娠中の妊婦さんは女性ホルモンのバランスが乱れていて、免疫やコラーゲンの生成も抑制されている状態にあります。
通常時ならば多少の皮膚の伸縮でも大丈夫でも、この時期はしっかりとケアが必要になってくるんですね。

 

一般的には妊娠線というのは妊娠6か月目あたりから目で見てわかるようなレベルになってくるといわれています。
もちろん肌の状態は個人差があるので、いつごろから妊娠線ができ始めるのかというのも個人差があって当たり前なんです。

 

では妊娠線予防のケアはいつごろから始めればいいのでしょうか。

 

妊婦さんのお腹というのは目に見えないレベルでも着実に大きくなっていくものです。
毎日忙しい中でその変化をなかなか感じ取れないという方もおられるでしょう。

 

この時期からケアを始めておけば、絶対妊娠線ができないというものはないのですが、
妊娠2、3か月という早い段階からケアを始めていくのがよさそうです。

 

妊娠線予防には妊娠線予防クリームが一番使われているのですが、クリームにしろ、ローションにしろ、オイルにしろ
お肌の柔軟化は塗ったからといってもすぐには効果が出るわけではなく、効果が出るまで時間がかかって当然なので
できるだけ早めの段階からケアが推奨されている理由というのはそういったことなんです。

 

妊娠線はどこにできるの?肉割れとは違う?

妊娠線は、妊娠してからできるものだと思われている方もおられるのですが、妊娠線と肉割れというのは
同じもので、妊娠が原因でできるため妊娠線という表記がされるだけなんです。

 

なので肉割れは急激な成長期や、ダイエットなどによって皮膚が伸縮してしまったりすると
できてしまう理由が違うだけなんですね。

 

そんな妊娠線は基本お腹まわりだと思われているのですが、体中のいたるところでできる可能性があるんですね。
下腹部はもちろん、腕、お尻、太もも、大きく皮膚が伸び縮みする場所はすべて妊娠線のできる可能性がある場所といえます。

 

妊娠線予防クリームはそれらすべての場所にたっぷりと使わなければいけないんです。

 

妊娠線とセルライトとの違い

妊娠線と肉割れはほぼ同じものだということは説明したのですが、実はもうひとつ気になるのが妊娠線とセルライトとの違い。

 

セルライトも皮膚にできるものなので、中には同じようなものだろうと思っている方もおられるかもしれません。
どこが違って、そのケアの方法も比べてみましょう。

 

セルライトと妊娠線は全く違うものなんです。